【移転しました】ぼっち転生記と神眼の勇者とチート開拓記+きのこ【ファースト】

* Novel List

サイトの運営・充実、それに寄付(日本盲導犬協会など)などに広告収入は使用させていただきます。
2015/01/15~

NovelListは小説の第一番目の記事にユーザー タ グ  を設定することで自動作成される
掲載小説の一覧ページです。
  ⇒NovelList のサンプルページ
詳しくは作者ブログ 五つの基本設定 『4.Novel List のための設定』をご参照ください。

NovelListのリンクボタンが不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加してください。
.go-novel { display : none!important ; }

小説関連の表示が全て不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加すると消えます。
.delete { display : none!important ; }

※尚、ユーザー タ グ を設定するとこの説明文は表示されなくなります。

  SS集  

*  [Edit] 

【 作品のご案内  】        2015.01.11 ~  執筆
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆【サラ視点】私は、故人である木こりサムソンの娘・サラです。 父の死後、家族を養う為、身を売り奴隷に落ちました。 奴隷として、どれほど悲惨な境遇に陥り、どれほど辛い目にあうか 心底――恐ろしくはありました。 ですが――今、私は楽園のような場所にいます。 『エターナル帝国・国立エターナル学園』 奴隷の子供を養育し、教育を受けさせ、鍛錬し、一流の人材に育て上げることを目的に設立した養育・教育機関...

 ぼっち転生記SS 『聖帝玉言集』(エターナル学園) 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

  神眼の勇者  

*  [Edit] 

【 作品のご案内  】        2015.01.01 ~  執筆
 俺は、不登校かつ引きこもり気味の17歳だ。 今日も、学校に行かず(行けず)昼間から家にいた。 いつもと変わらない退屈な日になる――そう思っていた。 だが非日常的な事が起きた。 部屋で漫画の単行本を読んでいると、突如、頭上が輝きだしたんだ。 天井を見あげたら、幾何学模様の魔法陣が浮いていて、俺は絶句した。 そして次の瞬間、意識がフッと…………闇に沈んだ。 ――…………う……ん? 意識が戻ってくると、知らない建物...

 神眼の勇者WEB修正版 第1話 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

  ぼっち転生記  

*  [Edit] 

【 作品のご案内  】        2015.01.01 ~  執筆
 ――俺は人間が嫌いだ。 いつ裏切られるかと思うと、人間が信用できない。 ヒトが信用できない。 ヒトを信頼できない。 出来る限り人付き合いを避けて、生きてきた。 そのため今年で二十九歳だが恋人も友達もいない。 こんな性格になったのには”原因”がある。 小学6年生の時、給食費窃盗の冤罪をかけられたからだ。 集めたクラスの給食費が入った袋が見つからないと、学級委員を務める女子が騒ぎだした。 そして、なぜか...

 ぼっち転生記 WEB修正版 第1話 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

――――――――――――――――――――――――――――――――

◇ご注意◇
掲載されている作品(小説など)の著作権は、特に記載なき場合、作者にあります(一部の作品は除く)
掲載されている小説は、特に記載なき場合、すべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止。行った場合、著作権法の違反となります。
この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
(管理人 ファースト)

――――――――――――――――――――――――――――――――
【アクセス解析】 神眼の勇者