【移転しました】ぼっち転生記と神眼の勇者とチート開拓記+きのこ【ファースト】

【ぼっち転生記と神眼の勇者とチート開拓記+きのこ】

サイトの運営・充実、それに寄付(日本盲導犬協会など)などに広告収入は使用させていただきます。
2015/01/15~

TRPG

リプレイ・キャラ紹介①


 ←神眼の勇者WEB修正版 第101話 →ぼっち転生記 WEB修正版 第100話

「ログス・マルタス」

【丸太】を武器に闘う丸太戦士(ログファイター)。

【丸太】を武器に選んだ理由は、
冒険者になる前、モンスターに襲われ窮地に陥ったところを助けれくれた戦士が

 ”【丸太】を武器に無双” 

した姿を目撃し、痺れて憧れたから。

今は、ヘビーメイス級の【丸太】を武器にしているが、
筋力をあげ、モール級の【丸太】を装備するのが目標。
いずれは、
必要筋力30のオーガモール級【丸太】、通称・鬼丸太(オーガログ)を自在に駆使するのが大目標。



過去に

依頼を受け山へ魔物を倒しに出かけ、倒したのだが、山で遭難。
(経歴表Bの5-2)
食料が底をつき、山に生えていた”きのこ”を食べたら”毒キノコ”でBADトリップ
(経歴表Bの4-5)
”きのこ”がトラウマになりつつ、遭難し続け、空腹のあまり失神したことがある
(経歴表Bの6-4)

◆◆◆

キャラクターイメージ(外見)
『ソード・ワールド2.0 ルールブックⅠ(改訂版)』p28の挿絵「人間の戦士」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『ソード・ワールド2.0 ルールブックⅠ(改訂版)』を持っていない方は
いますぐ、
AMAZONでポチる
           か
本屋さんにGO!!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◆◆◆

――――――――――――――――――――――――

《ステータス》

【人間】   
【男】    
【20歳】   
【生まれ  傭兵】



【器用度】
18(+3)
【敏捷度】
13(+2)
【筋 力】
17(+2)
【生命力】
18(+3)
【知 力】
 8(+1)
【精神力】
11(+1)

生命抵抗力……5
精神抵抗力……3

HP24
MP11


《能力値を見て思ったコメント》
・(口に両手を当てながら)……うわ、私の知力低すぎ?
・筋力17……あと1点で(ボーナス)ブレイクなのになぁ……
・『能力増強の指輪』(筋力)を買えという事ですね
・所持金100G(ガメル)じゃ買えねーよっ!
・【丸太(無料=タダ)】を主武器にするので、初期装備のバスタードソードを売ってその金で指輪を――
やっぱり買えねーよ!
(注)
バスタードソードの売却金額は220Gのため、所持金を足して320Gにはなる。
しかし、
『能力増強の指輪』(筋力)は…………1000G…………なのであった…………

――――――――――――――――――――――――

《技能・戦闘特技など》

・ファイター 
 レベル 2


※ 丸太戦士なので、ファイター技能は当然。



・スカウト  
 レベル 1


※ 隠し技その1
※ 密偵(スカウト)……普段から丸太持っているのに?



・レンジャー 
 レベル 1


※ 隠し技その2
※ 二度と遭難したり、毒キノコを食べ死にかけないように、サバイバルの知識・技術・経験を身につけた模様。
※ いまでは、食べられるキノコと毒キノコに関して、かなり詳しい。
※ ”きのこ”にはうるさい男




戦闘特技――《丸太最大爆裂撃(ログバースト・フル・ストライク)》

※ 普通の《全力攻撃》です。
※ 《全力攻撃》は(近接攻撃のダメージ+4 ただし、回避力判定に-2のペナルティ修正)
※ 戦闘において、常に【丸太】で《全力攻撃》してました。
※ 脳筋戦士や
※ (キャラクターイメージのイラスト的には)美形なのに、丸太。








  • 【神眼の勇者WEB修正版 第101話】へ
  • 【ぼっち転生記 WEB修正版 第100話】へ

~ Comment ~

NoTitle

TRPGで丸太と言えばイリーナさんですよね。
必要筋力24のクラブ。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【神眼の勇者WEB修正版 第101話】へ
  • 【ぼっち転生記 WEB修正版 第100話】へ



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

――――――――――――――――――――――――――――――――

◇ご注意◇
掲載されている作品(小説など)の著作権は、特に記載なき場合、作者にあります(一部の作品は除く)
掲載されている小説は、特に記載なき場合、すべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止。行った場合、著作権法の違反となります。
この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
(管理人 ファースト)

――――――――――――――――――――――――――――――――
【アクセス解析】 神眼の勇者