【移転しました】ぼっち転生記と神眼の勇者とチート開拓記+きのこ【ファースト】

【ぼっち転生記と神眼の勇者とチート開拓記+きのこ】

サイトの運営・充実、それに寄付(日本盲導犬協会など)などに広告収入は使用させていただきます。
2015/01/15~

アフィリエイト研究レポート 

Amazonアソシエイトの研究


 ←神眼の勇者WEB版 第106話 【新規更新】 →神眼の勇者WEB版 第107話 【新規更新】
Amazonアソシエイトに関し、学び・研究したことをご報告していきます。


もし、皆さまがAmazonアソシエイトを活用され、広告収入を得られようとする際に、少しでも役に立てれば、幸いです。



Amazonアソシエイトとは


Amazonが提供するアフィリエイト(成果報酬型広告)サービス。
Amazon.com社が実施しているアフィリエイトプログラムで、WEBサイトの管理者が運営するウェブサイトに、Amazonアソシエイトで提供されるソースコードを埋め込むとAmazonの取り扱う商品の広告が表示され、それをクリックした閲覧者が商品を購入した場合に、報酬が支払われるしくみ。

アマゾンでの出品点数が豊富なうえ、誰でも参加できるので人気が高い。
Amazonアソシエイトのサイト上で広告のデザインを確認でき、簡単にソースコードを取得できるため、利用しやすい

支払方法は銀行振込とAmazonギフト券により支払いの2通り。
銀行振込だと1万円以上、Amazonギフト券の支払いだと1500円以上に達すると、実際に報酬を獲得でき、達していない場合は次の四半期に繰り越される。

Amazonアソシエイト実践

【お願い】

※ 当サイトからamazonの広告(商品画像など)をクリックして、
"amazon内に移動し、24時間以内にamazonで購入していただけると"
広告収入=紹介料が入るシステムのようです。
(24時間以内なら他の商品でも広告収入が入るそうです)
サイト運営・充実の為に、ご支援よろしくお願いします<(_ _)>

【 画像をクリックした人が、24時間以内にAmazonで商品(別の商品でも可)を買っていただければ、管理人に数%紹介料が入り、このサイトを維持・充実できますので、ぜひ、お願いします<(_ _)> 】




【Amazonアソシエイト 参加表明文】




本ウェブサイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって


『サイトが紹介料を獲得できる』手段を提供することを


目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、


Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。





※Amazonアソシエイトの利用には、上記のような参加表明文をサイト内で行う必要があるようです


【 ▼ 『神眼の勇者』宣伝(Amazonアソシエイト)・魚鱗の陣”丸太錐”▼ 】

















【 ▲ 『神眼の勇者』宣伝(Amazonアソシエイト)・魚鱗の陣”丸太錐” ▲ 】

※どうせ宣伝(広告)するなら、閲覧者・読者様に楽しんでもらいたいです。
  ですから、今後も”面白い”宣伝・広告をさせていただきます(#^.^#)


   








サイト維持のためにも、クリックしてご購入いただけると幸いです<(_ _)>





● Amazonアソシエイト(購入型アフィリエイト) ●




まさに奇祭!(by 隊長)

丸太祭り・開催中! 
 

 



 


















  • 【神眼の勇者WEB版 第106話 【新規更新】】へ
  • 【神眼の勇者WEB版 第107話 【新規更新】 】へ

~ Comment ~

個人的な見解ですが

拝見しましたがアフィ以前の問題でとにかく見にくいです。
アフィで稼ぎたいのであればもう少し見やすいページ構成にしないと人が訪問しなくなるのでは?

例えば、同じタイトルの小説を幾つも並べて貼るのもしつこい感じがして逆効果なように思いますので、度を越した貼りすぎもやめたほうが良いかと思います。
不慣れな内は簡素なサイト構成で出来るだけ見る人に無駄なストレスを与えないようなサイト作り(たとえばAmazonはトップページの横のみに厳選したものを表示するようにして記事内には入れない・グーグルなどの広告は上と下に表示させるようにして無駄な個人的なお願い事は出来るだけ書かない)を目差した方が良いように思います。

もう少し見る側の立場になってページ編成はした方が良いですね。
先達のサイトを参考にされてみてはいかがでしょうか。

Re: 個人的な見解ですが

ご助言・アドバイスありがとうございました。
大変、勉強になります。
とりいそぎ、トップページ・小説用ページは広告の数を減らさせて頂きました。
個人的なお願いも、行数・文言など減らさせて頂きました。
また、
商品紹介用のページを別に作り(『お勧めの本』『おすすめ商品』『ファースト図書館』などというページ名で)、amazonアソシエイトなどは、基本、そのページでの公開とさせて頂こうと思います。
(自著の『神眼の勇者』などは、トップページ・小説用ページでも、広告させていただきたいですが・・・・)

まだまだ、修正中ではありますが、ご覧いただき、またご忠告・アドバイスをいただければ幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

#41です

実のところ、最初のトップページから気になっていたことがあります。
トップの上部にあるAmazonアソシエイトですが、別フレームではなくblogと同じフレーム内に組み込むことは出来ないでしょうか?
自分はパソコンでこちらを拝見しているのですが、右に上下のスクロールバーが二つある状態で、ブログの記事を読む時に上のアソシエイトが非常に邪魔だと感じます。これが一つにまとまることによって格段に見やすくなるのではないかと個人的に思いました。
イメージ的には小説になろうのマイページのような感じで、上と下にアフィをつけるという感じでしょうか。

記事をカテゴリー分けした場合、たとえば自分の執筆している小説には自分の書いた本の設置するものを統一したら、不自然に感じることもないと思います。

ページ編集に関しては管理人様の好みもあるのでこれが良いと断言できるものは無いのですが。基本的には、くどすぎない&迷路にしない、というのを心がけると良いのかなと他のサイト様やブログ様を見て回った感想です。
せっかく設置しても訪問した人に邪魔だと思われたら逆効果ですし。

ではこれからもサイト運営を頑張ってください、長々と失礼いたしました。

訂正します

記事をカテゴリー分けした場合、たとえば自分の執筆している小説には自分の書いた本の設置するものを統一したら、不自然に感じることもないと思います。

修正です

記事をカテゴリー分けした場合、自分の執筆している小説の記事には自分の書いた本のものを一つ設置、お勧めの本の記事には紹介した本のものを一つ設置、そうやって設置するものを統一したら不自然に感じることもないと思います。

失礼いたしました。

Re: #41です

41様

いつも貴重なご意見・アドバイスありがとうございます。
とても助かっております。

トップの上部にあるAmazonアソシエイトなどの広告を、別フレームではなくblogと同じフレーム内に組み込もうと試みてはいるのですが――当方、ブログに関して初心者で、なかなかうまくいきません・・・・・

いっそ、ご忠告いただいたように、ブログの記事内の上と下にアフィ(広告)をつける方向でいこうと、まずは、全ページに表示される別フレームから、Amazonアソシエイトを削除してみました。
また、試しに
『神眼の勇者WEB版 第106話 【新規更新】』http://sfast.jp/blog-entry-29.html
にて、上下に自著の広告(Amazonアソシエイト)を入れされていただいております。
お手数ですが、こちらを見ていただき、ご意見・ご感想・ご助言などいただければ幸いです<(_ _)>





> 実のところ、最初のトップページから気になっていたことがあります。
> トップの上部にあるAmazonアソシエイトですが、別フレームではなくblogと同じフレーム内に組み込むことは出来ないでしょうか?
> 自分はパソコンでこちらを拝見しているのですが、右に上下のスクロールバーが二つある状態で、ブログの記事を読む時に上のアソシエイトが非常に邪魔だと感じます。これが一つにまとまることによって格段に見やすくなるのではないかと個人的に思いました。
> イメージ的には小説になろうのマイページのような感じで、上と下にアフィをつけるという感じでしょうか。
>
> 記事をカテゴリー分けした場合、たとえば自分の執筆している小説には自分の書いた本の設置するものを統一したら、不自然に感じることもないと思います。
>
> ページ編集に関しては管理人様の好みもあるのでこれが良いと断言できるものは無いのですが。基本的には、くどすぎない&迷路にしない、というのを心がけると良いのかなと他のサイト様やブログ様を見て回った感想です。
> せっかく設置しても訪問した人に邪魔だと思われたら逆効果ですし。
>
> ではこれからもサイト運営を頑張ってください、長々と失礼いたしました。

NoTitle

こんなにも『買え!』『買え!』『買え!』と
圧力を掛けてくるプロ作家のHPは初めてです。
魚鱗とかギャグのつもりなんでしょうが、顔は笑ってるのに目が笑ってないのが透けて見えます…気持ちは解るんですが、作品に興味を持った新規ファンがここを訪れた時に感じるのは『何だこのゼニゲバ作家は』ではないでしょうか、少なくとも私の感想は上記の物でした。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【神眼の勇者WEB版 第106話 【新規更新】】へ
  • 【神眼の勇者WEB版 第107話 【新規更新】 】へ



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

――――――――――――――――――――――――――――――――

◇ご注意◇
掲載されている作品(小説など)の著作権は、特に記載なき場合、作者にあります(一部の作品は除く)
掲載されている小説は、特に記載なき場合、すべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止。行った場合、著作権法の違反となります。
この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
(管理人 ファースト)

――――――――――――――――――――――――――――――――
【アクセス解析】 神眼の勇者