【移転しました】ぼっち転生記と神眼の勇者とチート開拓記+きのこ【ファースト】

【ぼっち転生記と神眼の勇者とチート開拓記+きのこ】

サイトの運営・充実、それに寄付(日本盲導犬協会など)などに広告収入は使用させていただきます。
2015/01/15~

ぼっち転生記

ぼっち転生記 WEB版 第108話『た、た、た、た、大変なのっ!!!!!!!!』 【移転以降の更新です


 ←ぼっち転生記 WEB版 第107話『事故』 【移転以降の更新です】  →神眼の勇者WEB修正版 第121話 【ダイジェスト版・丸太剣】
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 た、た、た、た、大変なのっ!!!!!!!!
 アッシュ君に超大きな岩がぶつかっちゃったのっ!!!!!!!!!
 大巨人たんがこれも大きな丸太で打ち返した巨大岩が、背後からアッシュ君に、ぶつかっちゃったのぉぉぉぉっぉぉぉおぉっぉおっ!!!!!!!!!!!!!!!

 巨人たん達を見ていた私は反射的に反応し、他の風精霊と一緒に、風の結界を張ったけど…………凄い速度で飛んできた超重量の大岩をとても防げなかったの………………。
 ちょっとは威力と速度を軽減はできたけど………………。
 それから、この前、オークション会場でアッシュ君が購入していた魔道具《自動結界の腕輪【物理・効果大】》が自動発動もしたの。

 物理的ダメージに対して、かなりの防御力を持つ魔防結界が自動的に張られたの。
 危機が迫った際、自動的に発生させる魔道具《自動結界の腕輪【物理・効果大】》の魔防結界が。
 でもでもでも、その魔防結界ですら、飛んできた巨岩を防ぎきれなかったの。
 魔防結界を粉々に砕いた巨岩が、そのままアッシュ君を背後から襲ったの。
 そして――巨岩に貼りつくようになりながら、アッシュ君が遥か向こうに飛んでいっちゃのっ! ビューーーーーーーーーーーーーンっと!!!!!

 すっごく大変なことになっちゃた…………。
 で、でもでもでもでもでもでもでも、アッシュ君はきっと生きてるの! 多分っ!
 普通なら、あんな凄い勢いであれほどの巨岩がぶつかったら、人間さんなんて身体がバラバラになって即死するはずだもん!
 私たち風精霊が咄嗟に張った風の結界&魔道具により自動発動した魔防結界により、アッシュ君が受けたダメージは、かなり軽減されたはず。
 バラバラ死体にならなかったのが、その証拠っ!
 きっと……きっとアッシュ君は生きているのっ!!! 
 生きているはずだもんっ!!!!

 私は、凄い勢いで遥か向こうに飛んでいき、もう見えなくなっちゃったアッシュ君の後を追った。
 飛んで行った方角ぐらいしか分らなかったけど、全速力で後を追ったの。
 アッシュ君は、きっと生きているはずだと、思いながら。
 アッシュ君の無事を必死に祈りながら。

「ぅぅ……アッシュくぅん…………うぅう……無事でいて欲しいの…………うぅうぅうぅ~~~」

 アッシュ君のことが心配で心配でたまらなくて…………涙をこぼしながら…………後を追ったの………………。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


◆12月7日(月)より、しばらくの間、NPOクリエイターズサポートが運営するクリエイター支援系シェアハウス『鳳雛荘』の公式サイトにて、私のWEB版作品なども掲載していく予定です◆




クリエイター支援系シェアハウス『鳳雛荘』


上記サイトでの掲載作品も、お読みいただけると幸いです。よろしくお願いいたします


関連記事


  • 【ぼっち転生記 WEB版 第107話『事故』 【移転以降の更新です】 】へ
  • 【神眼の勇者WEB修正版 第121話 【ダイジェスト版・丸太剣】】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ぼっち転生記 WEB版 第107話『事故』 【移転以降の更新です】 】へ
  • 【神眼の勇者WEB修正版 第121話 【ダイジェスト版・丸太剣】】へ



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

――――――――――――――――――――――――――――――――

◇ご注意◇
掲載されている作品(小説など)の著作権は、特に記載なき場合、作者にあります(一部の作品は除く)
掲載されている小説は、特に記載なき場合、すべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止。行った場合、著作権法の違反となります。
この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
(管理人 ファースト)

――――――――――――――――――――――――――――――――
【アクセス解析】 神眼の勇者