【移転しました】ぼっち転生記と神眼の勇者とチート開拓記+きのこ【ファースト】

【ぼっち転生記と神眼の勇者とチート開拓記+きのこ】

サイトの運営・充実、それに寄付(日本盲導犬協会など)などに広告収入は使用させていただきます。
2015/01/15~

神眼の勇者

神眼の勇者WEB修正版 第121話 【ダイジェスト版・丸太剣】


 ←ぼっち転生記 WEB版 第108話『た、た、た、た、大変なのっ!!!!!!!!』 【移転以降の更新です →神眼の勇者WEB版 第122話 『レベル上げ』
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

※書籍版・神眼の勇者3巻にて『WEB未掲載の書き下ろしパート「丸太剣」を収録!』となっております関係で、書籍版・神眼の勇者3巻後半部分でWEB未掲載の部分(パート)は、ダイジェスト化させていただきます。ご了承ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 俺は、ベア子が振り下ろした黒きオーラを放つ魔剣《神竜殺し》を神精樹の丸太でブチ折った。
 絶句し、驚愕するベア子。
 その後、魔剣《神竜殺し》の本体は刃ではなく柄であることを俺は知る。
 しかも、魔剣《神竜殺し》は他の剣、あるいは他の武器を素材にし、“魔剣合体”が出来るらしい。
 そのことを知った俺は刃が半ばから折れている魔剣《神竜殺し》を――丸太と合体させてみた。
 そして――《丸太剣》を手に入れた。
 いや、丸太に剣の柄を刺した雑な剣(?)だったが。

 《丸太剣》の威力は凄かった。
 
 地上に上がった後、モンスターで《丸太剣》の試し切りをしようとした俺に、邪神カース・アリスが竜(ドラゴン)を召喚したのだが、その竜(ドラゴン)を《丸太剣》によるただの一撃で絶命させてしまった。
 まさにドラゴン殺し、であった。
 まぁ、切ったというよりは叩き潰したという感じだったけど。
 …………丸太“剣”という武器名ながら、剣というよりは、棍棒に近い気がする。
 さらにいえば、棍棒ならぬ丸太棒、あるいは棍丸太だ。
 《丸太剣》を使いこなすのは、剣の才能もしくは丸太の才能のどちらかがあれば良いみたいだけどね。
 剣の才能はないが、丸太の才能はありまくる俺は、《丸太剣》も見事に使いこなせることができたのであった。
 ただの丸太を素材にした“魔剣合体”でもドラゴンを一撃で殺す威力なのだ。
 丸太の中でも、高威力・高性能である神精樹の丸太ならば、どれほどの超武器となるであろうか?
 強く興味を持った俺は、神精樹の丸太に宿る精霊(ドリアードの亜種である丸太精霊)のマル子を説得した。
 そして、魔剣《神竜殺し》と神精樹の丸太による“魔剣合体”で、より威力の高い丸太剣を手に入れることができた。

 そう――神精樹の丸太剣を――

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2普

風精霊シィル 「ダイジェスト版、終わりなの☆」
丸太精霊マル子「…………なんか、いろいろバッサリと省略しているわね」
2普
風精霊シィル 「だってダイジェストだもん☆」
丸太精霊マル子「そもそもダイジェスト化なんかする必要があったのかしら?」
風精霊シィル 「微妙な問題があるから仕方ないの。書籍版・神眼の勇者3巻のあらすじで『WEB未掲載の書き下ろしパート「丸太剣」を収録!』と書いておきながら、いまさらその部分(パート)をWEBにしれっと掲載するのは難しいの。ダイジェスト化は大人の事情なの☆」
丸太精霊マル子「いっそWEB版と書籍版で別ルート・別ストーリーにしちゃえばいいのに」
風精霊シィル 「それならダイジェスト化する必要ナッシングかもしれないけどぉ。でも、現在、3シリーズを同時進行させてヒィヒィ言っているファーストてんてーが、WEB版と書籍版でまったくの別ルート・別ストーリーなんてするのは、やっぱり難しいの」
丸太精霊マル子「そう、じゃあ仕方ないわね」
風精霊シィル 「まぁ、余裕が出てきたら、WEB版と書籍版で色々と大きく変えた別ルート・別ストーリーとか、そのうちするかもしれないけどね☆」
丸太精霊マル子「それ、ちゃんとできるのかしら?」
風精霊シィル 「もっとも完全な別ルート・別ストーリーにしたら、ファーストてんてーの処理能力に限界がきて、WEB版と書籍版で話や設定がごちゃごちゃになって、矛盾しまくりのアレな物語(小説)になっちゃう危険性もあるけどぉ♪」
丸太精霊マル子「…………駄目じゃん」
風精霊シィル 「でもでも、書籍版の1巻や2巻のように、WEB版をけっこう修正・加筆したりはファーストてんてーもしているし、もっと作家としてレベルアップすれば、WEB版と書籍版で色々と大きく変えた別ルート・別ストーリーにそのうちなるかもしれないの☆」
丸太精霊マル子「別ルート・別ストーリー以前に、そもそもWEB版の更新をちゃんとできるのかしら?」
風精霊シィル 「…………………………………………………………」
丸太精霊マル子「ちょ、なんでそこで黙るの!?」
2驚
関連記事


  • 【ぼっち転生記 WEB版 第108話『た、た、た、た、大変なのっ!!!!!!!!』 【移転以降の更新です】へ
  • 【神眼の勇者WEB版 第122話 『レベル上げ』】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ぼっち転生記 WEB版 第108話『た、た、た、た、大変なのっ!!!!!!!!』 【移転以降の更新です】へ
  • 【神眼の勇者WEB版 第122話 『レベル上げ』】へ



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

――――――――――――――――――――――――――――――――

◇ご注意◇
掲載されている作品(小説など)の著作権は、特に記載なき場合、作者にあります(一部の作品は除く)
掲載されている小説は、特に記載なき場合、すべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止。行った場合、著作権法の違反となります。
この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
(管理人 ファースト)

――――――――――――――――――――――――――――――――
【アクセス解析】 神眼の勇者